戦後学生運動の歴史(1966年7月-9月)

戦後学生運動の歴史(1966年7月-9月)
出典は、「資料 戦後学生運動 別巻」(1970年11月30日第1版第1刷)です。

(1966年4月-6月)へ移動     (1966年10月-12月)へ移動

内外情勢 学生運動 自治会の動き
1966年7月
1~4 米国人種平等会議大会、 カーマイケルの主張する〝ブラック・パワー″支持決議を採択
4 政府、閣議で新東京国際空港の建設地を成田市三里塚に決定(29日公団設立)
5 日米貿易経済合同委開催〔京都〕(7日共同コミュニケ発表)
9 中国、中共宣伝部長陸定一の解任・文化革命小組(組長・陳伯達)の設置を発表
13 都教委、都立高校入試制度改善の基本方針決定(学校群新設・入試三教科制)
19 文部省、報告書〝大学院実態調査″発表
20 英首相ウィルソン、ポンド危機打開のための緊縮政策を発表
27 私大問題懇談会、報告書〝当面する私立大学の諸問題について″文相に提出
31 第十二回原水禁世界大会(8月3日中国派十六カ国代表退場)
31 総評大会開催(議長・堀井利勝)(→8月4日)
1 全国実行委主催・ハノイ爆撃抗議緊急集会〔清水谷公園〕に都学連(三派系)二百名参加、反戦青年委とともに米大使館にデモ
2~4~ 全寮連第八回大会〔明大〕、民青同系執行部、会費滞納を理由に東学館等反執行部派の発言を封じたため混乱、三日目、無防備の東学館生に民青同系学生百名が角材で襲撃、東学館生負傷多数
4 ラスク来日阻止伊丹空港闘争に大阪府学連五百名結集、空港通行路坐り込みで二名逮捕、京都府学連、ラスク入洛阻止決起集会〔立命館大〕に三百五十名結集、都ホテルにデモ、六名逮捕
5 反戦青年委主催・ハノイ爆撃抗議集会〔清水谷公園〕に都学連三派系)百名参加、米大使館デモ
5 中央実行委主催・ハノイ爆撃抗議集会〔明治公園〕 に全学連(民青同系)九百名参加
5 日米合同委反対社共統一行動、京都府学連千六百名、集会〔京都洛北高校前〕、のち国際会館にデモ
6 関西三府県学連共催・日米合同委阻止全関西総決起集会〔立命館大〕に千三百名結集、円山公園までデモ、全京都集会に合流の後、都ホテルにデモ、投石等で機動隊と衝突、八名逮捕
14~17 全学連(革マル系)第二十三回全国大会(委員長・成岡庸治)、日韓闘争・早大闘争を総括、三派系の十二月全学連再建粉砕等を決議
14~17 全学連(民青同系)第十七回全国大会(委員長・平田勝)、軍国主義復活につながる小選挙区制反対・全学連とIUSの正常な関係回復等を決議
14~17 都学連(三派系)第十六回大会〔明大〕、小選挙区制粉砕等を決議、十二月全学連再建を確認
18 都学連(三派系)・京都府学連共催・全国自治会代表者会議〔明大〕、十月全学連再建準備会開催・十二月再建大会開催を決定
20 都学連(三派系)主催・故和井田史朗追悼抗議集会、のち百五十名で警視庁に抗議デモ
1 中大自治会五十名、学館に入館強行し籠城(2日自治委総会、強行入館戦術否決、3日龍城解除)
2 明大学生会、学費値上げで理事会と団交、値上げ決定前に学生会と協議することを確約
2 都立大生二百名、阿部教授の復職を要求して都庁にデモ、都庁前集会
19 日大生和井田史朗、六五年六月二十二目の日韓条約本調印阻止闘争で官憲の弾圧で負傷、片足切断の手術をうけ闘病中、患部の悪化で死去
20 沖縄大、理事会の学園分離協約破棄に抗議して授業ボイコット・ハンストに突入(11月4日学生、理事会と分離協約書に調印)
1966年8月
1 佐藤内閣改造(文相・有田喜一)
5~9 被爆二十一周年原水禁世界大会
16 国立大文学部長会議、理工系偏重の是正を文部省に申入れ
18 北京天安門広場で紅衛兵百万名集会
2 八・二反戟集会〔九段会館〕、中核派系学生・労働者千五百名参加
6 八・六広島反戦集会〔広島〕、反戦青年委・学生八百名参加、十月ベトナム反戦全国ゼネスト決議
26~27 社学同(マル戦派)第二回全国大会〔東京〕、社学同統一派との合同を決議
29 早大、くりあげ授業開始
1966年9月
1 共産同統一再建準備委、統一再建をアピール、マル戦派・統一派が合流
1 ドゴール、カンボジアでの演説で米軍の撤退とインドシナ中立化を強調
5 米原潜シードラゴン号、横須賀入港
11~14 べ平連主催・日米市民会議
17 紀元節復活反対国民集会
18 サルトル・ボーボワール来日
22 防衛庁、初の軍事視察団を南ベトナム・タイに派遣
27 豊和工業、米社からの小銃製造技術の導入を認可される
3 社青同東京地方本部第七回大会〔社会文化会館〕、反主流・協会派が演壇占拠し混乱、主流・解放派がこれを実力排除し大会を続行(18日社青同中央本部、東京地本解散を決定)
4 都学連(三派系)百五十名、原潜寄港阻止緊急抗議行動〔横須賀〕、正門前デモで二名逮捕
5 都学連(三派系)六十名、横須賀基地正門にデモ・三名逮捕、夜、社共統一集会〔臨海公園〕に合流、六百五十名で再度基地正門にデモ・六名逮捕
7 原潜寄港阻止社共統一行動、民青同系五百名、三派系千二百名参加、正門前坐り込みで七名逮捕
10~11 京都府学連(民青同系)第二十一回大会〔立命館大〕、ベトナム侵略反対等を決議
14 社学同統一再建実行委主催・全都学生討論集会〔明大〕に三百五十名参加、社学同の統一・十二月全学連再建を決議
21 京都府学連(社学同系)主催・ベトナム侵略反対・市電市バス値上げ反対集会〔同志社大〕に百五十名参加、のち円山公園までデモ
22 全学連再建実行委主催・ベトナム反戦・小選挙区制粉砕全都総決起集会〔清水谷公園〕 に七百名結集、全学連再建に反対する草マル派と衝突、機動隊介入し兇器準備集合罪で十数名逮捕
30~10・1 京都府学連(社学同系)第二十三回大会〔立命館大・同志社大〕、社学同系の政治過程論を軸とする基調報告に各派反発、人事をめぐり中核派退場
5 東北大新聞会、学友会(民青同系)を脱退、東北大学新聞社として発足
12 法政大、全学連再建をめぐり三派系と民青同系学生衝突
17 早大総長選挙、阿部賢一当選
22 早大構内で革マル派系学生と社青同解放派系学生衝突、解放派系学生三名監禁されるが教授の説得で釈放
27 明大学生会、学費値上げ発表阻止で理事会の生田地区職員財政問題説明会を実力阻止、そのまま理事会と徹夜団交

 

カテゴリー: 歴史, 民学同, 運動史 パーマリンク