戦後学生運動の歴史(1967年10月-12月)

戦後学生運動の歴史(1967年10月-12月)
出典は、「資料 戦後学生運動 別巻」(1970年11月30日第1版第1刷)です。

(1967年7月-9月)へ移動     (1968年1月-3月)へ移動

内外情勢 学生運動 自治会の動き
1967年10月
6 野党四党書記長会談、沖縄・小笠原早期返還要求で合意(12月2日民社党脱退、6日三党書記長、政府に要求中入れ)
6 都公安委、べ平連に七日の米大使館デモを許可
8 佐藤首相、第二次東南アジア訪問に出発(21日帰国)
8 日共、赤旗まつり
9 ボリビア陸軍、前キューバ工業相チェ・ゲバラの死を発表
10 新東京国際空港公団、三里塚で外郭測量のクイ打込み強行
(17日クイ引き抜きで反対同盟二名逮捕)
10 「赤旗」〝今日の毛沢東路線と国際共産主義運動〟発表、毛一
派は反革命と攻撃
13 劒木文相、羽田事件で東大大河内・京大奥田総長らと懇談
16 劒木文相、学生管理問題で私学関係者と懇談(17日公立大関係者とも懇談)
16 警視庁、法政大・中大学館・早大文学部および前進社・戦旗社・ 解放社等六カ所を捜査
16 米三十都市で反戦デモ (21日ワシソトンで十万名のデモ)
19 国労、米軍需輸送反対の順法闘争を全国十五拠点で展開
20 吉田茂没(31日戦後初の国葬実施)
28 国大協、羽田事件で〝誤まれる政治活動は大学破壊に結びつ
く〟と声明
30 教育課程審議会、〝小学校教育課程改善について″答申、社会科に神話・伝承を導入
2 大阪府学連・兵庫県学連共催・全国自治会代表者会議(構改系)〔東京〕、全国自治会の課題別現地共闘方針確認、一〇・八闘争方針を決定
6 全学連(三派系)佐藤訪ベト阻止統一集会〔日比谷野音〕、法政大闘争をめぐり社青同解放派の全学連書記局員、中核派の書記局員を殴打、のち法政大で社青同解放派の幹部、中核派に自己批判強要さる、全学連の分裂公然化
7 中核派と反中核連合の対立で全学連(三派系)総決起集会は流会、中核派は法政大、社学同・解放派・ML派は中大、革マル派は早大、構政派は社会文化会館に各々泊り込み
8 佐藤訪ベト阻止第一次羽田闘争、八時社学同・解放派七百名、高速道路鈴ケ森ランプ付近で機動隊の阻止線を実力突破、集会〔萩中公園〕中の各派も行動開始、弁天橋(中核)、稲荷橋(革マル)、穴守橋(社学同・解放派の残存部隊・構政派・反戦)で機動隊と衝突、警備車五台を燃やす、十一時、中核派給水車を奪取、空港突入を図るも京大生・山崎博昭、官憲に虐殺さる、計七十五名逮捕
9 山崎君虐殺抗議追悼集会、中核派〔法政大〕、社学同・解放派〔中大〕、革マル派〔早大〕各々集会、京都府学連も集会〔京大〕・デモに千八百名結集
9 全学連(民青同系)中執委、〝羽田における一部暴力学生集団の挑発行動を断乎糾弾する″声明
10 大阪府学連等共催・山崎君追悼・国際反戦デー決起集会〔厚生会館〕に千二百名参加
11 山崎君虐殺抗議全京都集会〔市役所前〕に労働者・学生千名参加
13 全国反戦青年委主催・ベトナム反戦統一行動、中央集会〔日比谷野音〕に全学連(三派・革マル)・自治会共闘(構改系)等二千名参加、京都集会〔同志社大〕に二千名、大阪集会〔扇町公園〕に二千名
13 全学連(三派系)中執委、一〇・八前後の集団的強圧行為に関して遺憾であるとの声明発表
14 全学連(三派系)主催・山崎君追悼献花デモ〔萩中公園〕に四百名参加、弁天橋に向かうも機動隊に阻止され萩中公園で献花
17 虐殺抗議山崎君追悼中央葬〔日比谷野音〕に全学連(三派)・反戦青年委等六千名参加、遺影・弔旗先頭に東京駅までデモ、秋山委員長逮捕
20 全学連(三派・革マル)等三百名、国労のベトナム反戦・米軍タンク車輪送拒否闘争支援で立川駅構内デモ・坐り込み集会
21 ベトナム反戦統一行動、中央集会〔明治公園〕に三派系・革マル系六千名結集、国会に向かうも機動隊に規制され早大まで引き回される、十一名逮捕、京都府学連千名、大阪府学連千五百名結集
3 法政大当局、処分問題で全学説明会を設定するも共闘会議、一方的説明会阻止で演壇占拠、当局の団交拒否に千五首名で抗議集会
3 佐賀大試験ボイコットでバリケード構築、機動隊導入され実力排除(4~6日大学側連日試験ボイコットのピケに機動隊十三回導入、試験を強行するも受験者わずか二割)
6 東洋大、校舎川越移転・学則改悪反対で理事長室前に大衆団交を要求して坐り込み(13日当局、団交の約束を一方的に破棄)
7 沖縄大学生大会、学園分離を要求して全学スト決議、学生本部封鎖に突入(31日数度にわたり機動隊を学内に導入しながら理事長、本土へ高飛び)
9 京大文学部・医学部・主催山崎博昭君追悼集会に千名参加、のち府学連集会に合流
13 山崎君追悼全京大学生葬に千三百名参加、府学連とともに市役所前まで抗議デモ
16 法政大・中大・早大で官憲乱入抗議集会
17 東北大工学部、自衛官在学追放全学抗議集会に千二百名参加
20 東北福祉大、学長退陣・学園民主化で授業放棄を続けていたが、団交席上で書いた学長の辞表を当局が正式受理
21 ベトムナ反戦統一行動、法政大文、横浜国大教養・学芸学部、大阪市大スト、仙台・広島・福岡等で学内抗議集会・デモ等展開
23 佐賀大学生大会、学寮管理規定反対、処分撤回要求のスト解除を決議
25 東洋大全学闘、全教授説明会会場の医療保健会館に坐り込み、機動隊導入され実力排除さる
31 関西学院大、学費値上げに反対して全学共闘会議結成
1967年10月
1 原子力委、米原子力空母の寄港は安全に支障なしと結論(2日政府、寄港承認を米に通告)
2 那覇市で沖縄即時無条件返還要求県民大会に十万名参加(4日琉球立法院、七〇年までに施政権返還要求を決議
8 警視庁、佐藤訪米阻止の学生を泊めぬよう法政大・中大・明大・早大等に異例の申入れ
9 羽田一〇・八救援会結成、〝救援活動についての要請″発表
11エスベラソチスト由井忠之進、政府のベトナム侵略加担に抗議して首相官邸前で焼身自殺
12 佐藤首相、訪米に出発(15日日米共同声明発表(沖縄返還の時期明示せず、小笠原は一年以内に返還)、20日帰国)
13 べ平連、横須賀入港の米空母イントレビッド号から四名が脱走と発表(20日タス通信、四人はモスクワにいると発表)
16 野党各派、日米共同声明に抗議、沖縄でも七万の県民大会
17 勝木文相、羽田事件で該当五十八大学学長と懇談
18 法務省、羽田事件に破防法適用の方針固める
18 英国、ポンド切下げ・公定歩合引上げ・軍事支出削減を発表
22 警視庁、前進社・戦旗社・現代社を捜査(29日日中友好正統本
部・国際貿促協会を捜査)
25 佐藤内閣改造(文相・灘尾弘
30 国大協総会で教育大三輪学長、学内秩序が破壊されれば官憲導入もやむをえないと中間報告
2 全学連(三派系)主催・沖縄返還ゼネスト連帯・成田空港建設阻止・佐藤訪米実力阻止決起集会〔早大〕に四百名参加
2 全都自治会共闘(構改系)主催・沖縄即時全面返還沖縄連帯集会〔芝公園〕に四百名参加、米大使館・首相官邸にデモ、坐り込みで九名逮捕
3 千葉県反戦青年委等共催・三里塚空港粉砕・べトナム反戦青年総決起集会〔三里塚〕に三派系七百名参加、空港予定地をデモ
5 中央実行委主催・ベトナム人民支援・佐藤訪米反対等諸要求中央大集会〔代々木公園〕に民青同系三千五百名参加
9 沖縄三団体共催・沖縄返還中央集会〔日比谷野音〕に三派・革マル系千名参加、日共の排除要求で流会、三派系、首相官邸デモで十一名逮捕
10 関西三府県学連主催・佐藤訪米阻止全関西学生総決起集会〔中之島公園〕に二千名参加、市内デモの後、大阪中郵前で羽田現地部隊の激励集会
10~12 第五回全国青年スポーツ祭典〔京都〕に民青同系七百名参加、最終日、佐藤訪米に抗議デモ
11 全学連(民青同系)主催・佐藤首相訪米反対決起集会〔芝公園〕に七百名参加(12日羽田空港フィンガーに代表三百名が佐藤訪米に抗議)
11 全学連(三派系)佐藤訪米阻止総決起集会〔中大〕、深夜東大教養学部へ移動、三千名泊り込み、革マル派千名早大に泊り込み
12 佐藤訪米阻止第二次羽田闘争、三派系、京浜蒲田から大鳥居付近で十時間にわたり機動隊と激突、革マル系は東糀谷中学校に結集、穴守橋に向かうも並列規制で平和島まで引き回わされる、反戦青年委主催・決起集会〔日比谷野音〕に五千名参加、逮捕者総数三百四十七名
22 全学連(三派系)主催・破防法適用粉砕決起集会〔日比谷野音〕に五百名結集、新橋までデモ
24 エンタープライズ寄港阻止神奈川県大集会〔臨海公園〕に三派系百名参加、基地正門へデモ
28 全学連(三派系)・成田空港反対同盟主催・同盟員傷害事件抗議集会〔県庁前〕に百名参加・デモ
30 医学連関西ブロック、登録医制国会上程阻止統一行動、二百名参加
4 東大文学部学友会、学生ホールの管理運営をめぐり教授会と団交、物別れ
10 広島大・九大・長崎大等全国の大学で佐藤訪米阻止集会・デモ展開
11 明大学生会館、宿泊禁止に抗議し深夜映画会・自治弾圧抗議集会
11 沖縄大、全学協議会結成(教授会、一・二部学生自治会、事務職労組で構成×13日自主管理による授業再開)
12 東北大・神戸大・長崎大等、佐藤訪米に抗議し同盟登校で集会・市内デモ展開
15 東洋大、川越校舎移転全教授説明会に反対して学部代表者会議、会場前坐り込み(26日団交を要求して理事長室に坐り込んだ学生を機動隊導入し実力排除)
27 高崎経済大第四回公判に四十名白覆面で地裁に抗議デモ、公判終了後の集会で四名逮捕
30 中大自治会執行委、授業料値上げの動きに値上げ実力阻止の闘争宣言を発表
1967年10月
1 灘尾文相、国立学長との懇談会で学生指導・大学管理の具体措置示せと要求
4 佐藤首相、国会所信表明で〝自らの国を守る気概″を強調
5~8 〝反戦と兵役拒否週間″のデモ、ニューヨーク等で警官隊と衝突、五百八十名逮捕
12 自民党学生問題懇談会、大阪市大の〝偏向教育″調査を支持
12 都議会、小笠原の都への帰属と軍事施設反対を可決
26 カンボジア、米の侵犯に抵抗、友好国の義勇兵要請を声明
28 灘尾文相、国防意識の養成を強調発言
30 北ベトナム外相、北爆・戦争行為を無条件にやめれば米と話合うと言明
4 全学連(三派系)、エンプラ寄港阻止決起大会〔清水谷公園〕に四百名結集、集会前、中核派と社青同解放派衝突、米大使館デモ
5 青医連・医学連全国統一行動、医師法改正案国会上程阻止で診療拒否闘争展開
11 四一・四二・四三青医連、厚生省に要望書を提出、拒否さる
11 エスベラント学会主催・由比忠之進氏追悼集会〔社会文化会館〕に全学連(三派系)代表参加
14~17 第三回全国学生集会(民青同系)〔東京・大
宮〕
16~18 全学連(革マル系)第四十八回中央委〔早大〕、羽田闘争を総括、エンプラ闘争方針を決定
17~18 全学連(三派系)主流派全国大会〔法政大・板橋区民会館〕 に中核派千名参加、エンプラ寄港阻止佐世保現地闘争を〝第三の羽田〟として闘うことを決議、現地派遣団の組織化・越冬体制を決定
17・19 全国反帝学生評議会結成大会〔早大〕、社青同解放派四十八大学代表四百名参加、反戦・反ファッショ・反合理化闘争推進等を決議(議長・三井一征)
2 大阪市大、自民党大阪市議員団による偏向教育調査委設置に緊急抗議集会、三百名参加
4 中大昼間部自治会中心に三百名、教学審議会に対し団交要求、流会(5日当局、学費値上げの主旨を全学放送)
7 中大緊急連合自治委総会、全学評準備委発足、学費値上げ反対の全学的意志統一を確認
7 関西学院大当局、学費五割値上げ決定(8~14日各学部学生大会、スト権確立)
13 横浜国大学芸学部、保土ガ谷移転をめぐり団交要求でスト突入、本部封鎖
15 東洋大二部文学部・社会学部、授業放棄(19~21日一部文学部スト)
16 関西学院大法学部、学費値上げ反対で無期限スト突入、バリ封鎖(19日社会・商・文学部スト突入、バリ封鎖)
22 東大文学部当局、一〇・四団交を暴力事件として一名を無期停学処分
23 中大、教学審議会〔丸の内ホテル〕阻止に二百名結集、ホテル内突入で四名逮捕

 

カテゴリー: 歴史, 民学同, 運動史 パーマリンク