戦後学生運動の歴史(1959年10月-12月)

戦後学生運動の歴史(1959年10月-12月)
出典は、「資料 戦後学生運動 別巻」(1970年11月30日第1版第1刷)です。

(1959年7月-9月)へ移動     (1960年1月-3月)へ移動

内外情勢 学生運動 自治会の動き
1959年10月
18 政府、新安保条約草案を発表
13 東京地裁、都公安条例に三度目の違憲判決
13 三鉱連(三井三池・杵島・日鉄二瀬)反合理化反対スト開始
17 安保問題研究会、藤山外相に公開質問状を送付
18 西尾派、社会党脱退(25日社会クラブ結成)
20 安保阻止国民会議第七次統一行動
26 自民党両院議員総会、安保改定の党議を決定
31 文部省、初の「教育白書」〝わが国の教育水準″発表
3~4 都学連第十二回臨時大会〔芝児童会館〕、安保阻止・岸内閣打倒一〇・三〇ゼネスト等を決定(委員長・糠谷秀剛)
4 道学遠大会、一〇・三〇ゼネスト方針等を決定
5~6 北陸信越自治会代表者会議、金沢大・信州大のストを中心とする十月闘争方針を決定
9 都学連二百名、首相官邸抗議デモ
10~11 共産同学生対策会議、中央書記局・全学連中執グループ・都学細代等参加、一〇・三〇ゼネストの方針、戦術等を決定
12 社学同左翼反対派第四回中央委、同盟を単一青年組織に発展転化すること等を決定
16~17 日共学生細胞代表者会議
20 安保改定阻止・炭労合理化阻止・全学連総決起、京都集会〔同志社大〕に六百名参加し市内デモ、大阪集会〔天王寺〕に五百名参加し市内デモ
26 安保改定阻止・炭労合理化反対・都学速決起集会〔清水谷公園〕、千名参加し各所でジグザグデモ
28 安保改定反対青学共闘会議、各労組青年部等を加え十五団体で構成の安保改定阻止中央青年学生共闘会議に再編発展
30 安保改定阻止・岸内閣打倒全国学生総決起、中央集会〔日比谷野音〕に一万名参加して外務省・防衛庁にデモ、夜、夜間部学生二千名で新橋までデモ
1 早大全学協・一文自治会等、処分撤回を要求して大学当局と団交
1 名工大緊急学生大会、伊勢湾台風被災救援活動を決議
5 福島医大学生、入学時寄付金増額反対で後援会に抗議行動、後援会流会
20 北学大札幌分校、安保改定阻止でスト
26 明大文学部、安保改定阻止でスト
28 お茶大学生大会、安保改定阻止・岸内閣打倒一〇・三〇スト決議
28 埼玉大学生大会、スト決議
28 名大教養部学生大会、スト決議
28 京大文学部学生大会、授業放棄決議
29 同志社大全学学生大会、スト決議
29 京大吉田分校大会、授業放棄決議
30 全学連全国総決起、北大千二百名でデモ、北学大函館デモで五名逮捕、京都集会〔立命館大〕三千名でデモ・二名逮捕、広島大五百でデモ・八名逮捕、スト突入校、お茶大、埼玉大、千葉大教養・医、金沢大教養、富山大、信州大文理、名大教養、同志社大全学
31 広島大八百名で不当逮捕抗議・即時釈放を要求して東署前坐り込み
31 教育大社会主義学生戦線結成
1959年10月
2 水俣漁民千五百名、新日本窒素工場に突入、警官隊と衝突
7 沖縄米軍、ナイキ試射を公開
9 中島健蔵・松岡洋子ら文化人による安保批判の会結成
12 三井三池団交決裂、深刻化
19 総評臨時大会、安保改定反対・炭労争議支援を決定
20 英国以下七カ国、欧州自由貿易連合設立条約に調印
27 ベトナム賠償協定〝暁の本会議″で衆院通過(12月23日参院通
過)
27 安保阻止国民会議第八次統一行動、デモ隊国会構内に突入
27 自民党川島幹事長、破壊勢力に対しては断乎対決すると声明
28 社会党浅沼書記長、昨日の事態は遺憾と声明、日共、「アカハタ」号外でトロツキストの挑発行動と非難
- 静岡大教官有志、安保改定反対を声明(大学単位として最初)
4 高知県高校生徒会連合主催・校長処分撤回県下全高校生抗議集会、四千名参加して市内デモ
7 全学連中執委、安保改定阻止十一・二七、一二・一○全国ゼネスト方針を決定
7~8 関東甲信越学生寮連大会〔茨城大〕、学寮規定反対・安保改定反対等を決議
9~10 全学連第二十回中央委〔東京〕、安保改定阻止一一・二七闘争を決定
11 社学同第三回全国委〔東京〕
13 安保阻止中央青学共闘主催・安保改定審議即時打切り・サイドワインダー持込み反対等を要求して決起集会〔チャペルセンター前〕、教育大中心に学生千五百名参加して防衛庁にデモ
17 都学達、〝一一・二七国会突入で物情騒然たる混乱を導き出し岸・藤山をわれわれの前に引きずり出せ″と通達
21~23 全学連近畿ブロック教育ゼミ〔大阪学大〕
27 全学連安保改定阻止全国ゼネスト、全国九十校二万名参加、東京では国民会議統一行動に学生五千名参加、チャペルセンター前・人事院ビル横・特許庁横より国会包囲デモ、警官隊との衝突の末、法政大を先頭に労働者・学生二万数千名が国会正門より構内突入、抗議集会かちとる
28 二・二七国会突入闘争で全学連・都学達三役四名に逮捕状、三名逮捕、全学連〝いかなる弾圧にも屈せず闘い抜く″との声明発表
30 全学連、逮捕者即時釈放を要求して三百五十名で警視庁に抗議デモ、警官隊と衝突して三名逮捕
17 岐阜大農工学部自治会、自衛隊那加基地サイドワインダー導入抗議闘争、三百名参加
13 教育大、安保改定阻止・警官学内侵入反対で全学スト
26 琉球大学生大会、ナイキ反対・勤評反対等を決議
27 全学連全国ゼネスト、北海道では北大全学ストを先頭に二千名のデモ、九州では九大全学ストを先頭に二千名のデモ、金沢大では初の全学スト
27 日大で非合法的に安保共闘学生戦線結成
28 北大、五・一五闘争で起訴の北大生二名の公判開始に札幌地裁に抗議行動展開
28 日共同志社大細胞解散声明(12月3日共産同細胞結成宣言発表)
30 早大全学協、構内立入りの警官追及、警官隊二百名待機にインターを歌って釈放
1959年10月
4 松田文相、東大茅総長・早大大浜総長ら都内八大挙学長と会見、学生自治活動について協議(8日学生運動に対する補導強化の談話発表)
4 警視総監代理三井公安一課長、東大茅総長と会見、二学生引渡しを要求
10 安保阻止国民会議第九次統一行動
10 新島村議会、ミサイル試射場受入れ案可決、反対派、役場に突

11 三井三池、千二百余名の指名解雇通告
16 最高裁、米軍駐留は合憲として砂川伊達判決破棄、差し戻し
19 国民会議幹事会、一・一六羽田動員を決定(26日動員中止を決
定)
22 安保阻止国民会議第十次統一行動
24 国会周辺デモ規制法案、自民党の単独審議で衆院通過
29 政府、新安保調印全権団決定
1 全学連緊急中執委、国会構内突入闘争の意義確認、一二・二〇国会包囲デ千万針等を決定
4 関東学連執行委、一二・二〇国会デモを確認
6 京都府学連第十六回臨時大会〔教育会館〕、東京での国会デモ支持等の執行部案採択
6 革共同関西派系全学連中執十一名、〝一一・二七闘争と今後の方針 - 全学連中執の少数意見〟で主流を極左カンパニア主義と批判
7 日共都学生細胞代表者会議、全学連中執提起のチャペル前集会不参加・東京駅八重洲口集会→銀座デモ方針を決定(9日日共学細代、日比谷中央集会参加に変更)
8 全都自治会代表者会議、国会デモ強行に反主流派、分裂行動も辞さずと反対、退場
10 全学連中央集会〔日比谷野音〕に学生一万名参加、舞台裏手での都自代でも主流・反主流の角逐激しく、結局国会デモほ中止、新橋土橋までデモ
14~15 全学連第二十一回中央委〔東京〕、二・二七闘争の意義確認、草共同系十一中執を弾劾、一・一六岸渡米羽田実力阻止等を決定、反主流派は出席ボイコット
18 全学連書記局、〝各自冶会ほ冬休みを返上し一・一六岸渡米阻止闘争に備えよ″を通達
24 安保改定阻止青学共闘全国大会開催、一・一六闘争方針等を決定
3 日共京大細胞解散声明
6 高知県立安芸校長退陣を県教委に要求し、事務局員を二十六時間カンヅメにしたため警官隊出動
6 東大自治会中央委、逮捕状の出ている清水全学連書記長・葉山岳夫線会委員長をあくまで守ると声明(9日教養学部常任委も同様の声明発表)(清水・葉山籠城問題)
10 日比谷集会に向うデモ行進中、清水(渋谷)、葉山(本郷通り)は各々逮捕さる
20 全京都決起集会〔同志社大〕に千五百名参加、河原町通りのデモは中止
22 北学大当局、五名を処分
24 早大当局、十八名を処分(26日三百名で学生課に抗議、団交要求)
—マル学同早大支部結成

 

カテゴリー: 歴史, 運動史 パーマリンク