戦後学生運動の歴史(1961年10月-12月)

戦後学生運動の歴史(1961年10月-12月)
出典は、「資料 戦後学生運動 別巻」(1970年11月30日第1版第1刷)です。

(1961年7月-9月)へ移動     (1962年1月-3月)へ移動

内外情勢 学生運動 自治会の動き 内外情勢 学生運動 自治会の動き 内外情勢 学生運動 自治会の動き
1961年10月
7~9 社会主義革新運動準備会発足(議長・春日庄次郎)
12 炭労、石炭政策転換要求でキャップランプ・デモ
17~31 ソ連共産党第二十二回大会、フルシチョフ、アルバニア非難(19日周恩来、反論、31日党新綱領を採択)
18 南ベトナム大統領ゴ・ジンジェム、非常事態宣言、米大統領顧問テーラー、南ベトナム訪問
19 国民会議主催・政暴法粉砕第七次統一行動
20 第六次日韓会談再開
24 社会党、学力テスト実施反対を文相に申入れ
25 衆院、核実験禁止を決議(27日参院も)
26 文部省、全国中学校に一斉学力テスト実施、日教組、早朝集会で統一行動
26 国民会議主催・政暴法粉砕第八次統一行動
30 自民・社会党会談で政暴法継続審議(実質廃案)
30 ソ連、五十メガトン核実験
—–青木隆明・谷川雁・村上一郎ら同人「試行」創刊
1 全学連機関誌「学生戦線」創刊
6 青年学生運動革新会議結成
7~8 都学連第十四回大会、北小路全学連委員長招請のマル学同系〔西武健康会館〕と蔵田計成都学連副委員長招請の社学同系〔北部公会堂〕の二つの大会開催、それぞれ正統性を主張(委員長・マル学同系=小野正春、社学同系=矢沢国光)
12 全学連、政暴法粉砕・核実験反対第三波統一行動、氷川公園に昼夜百五十名結集・デモ、都学連(社学同系)は氷川公園に百名結集・新橋までデモ、京都府学連、決起集会〔立命館大〕に二百五十名、大阪府学連、決起集会〔大手前公園〕に百八十名参加
14 青学共闘主催・政暴法粉砕・日韓会談反対統一行動、総決起集会〔日比谷野音〕に再建協派八百名参加、集会・デモ
15~16 全学連第二十九回中央委〔全銀連合館〕、反帝反スタ路線の徹底・米ソ核実験反対を軸とする反戦闘争の展開等を決定
18 都学連(社学同系)、政暴法粉砕統一行動、清水谷公園に百三十名結集、新橋までデモ
19 再建協、政暴法粉砕統一行動、全都学生決起集会〔芝公園〕に三百名結集・国会請願デモ、のち国民会議主催の集会〔日比谷野音〕に参加、再度国会請願デモ、一名逮捕
23 関西三府県学連自治会代表者会議〔同志社大〕、関西学連再建の方向を申合わす
26 都学連(社学同系)、政暴法粉砕統一行動、二百名が氷川公園に結集、特許庁前で機動隊と衝突、一名逮捕、再建協千二百名、日比谷野音に結集、国会請願デモ、京都府学連五百名、同志社大に結集、独自集会の後、国民会議の京都集会〔円山公園〕 に合流
30 国民会議の政暴法粉砕緊急動員〔日比谷野音〕に各派学生五百名参加、国会デモ
31 全学連・都学連(マル学同系)、政暴法粉砕・ソ連核実験反対統一行動、清水谷公園に二百名結集、ソ連大使館に抗議、都学連(社学同系)百五十名、氷川公園に結集、再建協五百名、芝公園に結集・デモ、夜、各派とも国民会議の決起大会に合流
8 日共慶大細胞集団離党
11 東北大、政暴法粉砕抗議集会、のち仙台検察庁に抗議デモ
15 東京工大大学院生総会、大学当局から提出されたインストラクター制度案拒否を決議
17 北九州大平和と民主主義を守る会、ライシャワー来学に抗議行動展開
17 日共立命館大一部細胞集団離党
19′京大生中心に百五十名、政暴法闘争で逮捕された京大同学会渥美委員長の第一回公判闘争支援で京都地裁にデモ、地裁前坐り込み・法廷内突入で公判中止、のち五条署前で坐り込み、警官隊と衝突、二名逮捕
19 マル学同京大支部結成
20 慶大日吉自治委総会、政暴法反対運動展開・私鉄運賃値上げに東横線沿線各大学と共闘・校舎建設問題で生協と共闘等を決定
23 埼玉大、政暴法反対でスト
23 静岡大文理学部、政暴法反対で授業放棄
25 国学院大若木祭に自治委主催のシンポジウム〝若き世代の変革のイメージ″に学生部中止命令(27~28日学生総会、シソポ強行を決定)
26 マル学同北学大支部、北学大付属中学の学力テスト阻止闘争展開
28 昭和女子大、日本文学科三年のクラスでの政暴法反対署名活動を、大学当局、校則違反として調査開始
27 東京工大自治会、一一・九反戦統一行動日にスト決議
30 九大、ソ連核実験反対抗議集会・デモ
31 早大共闘会議(社青同系)主催・政暴法粉砕決起集会、のち東郷公園に五五名結集、デモ
31 京大中心に政暴法粉砕・市公安条例撤廃府学連集会〔立命館大〕に四百名結集、のち市内デモ
1961年11月
1 文部省「へき地教育自書」発表
11 日本朝鮮研究所設立
12 韓国議長朴正熙来日、朴・池田会談で日韓会談早期妥結で合意
15 民社党系核禁会議結成
16 池田首相、東南アジア訪問
17 国立大学協会小委員会、大学の管理運営に関する中間報告を総会に提出
19 京都府警少年課、学力テスト実施阻止で中学生一名を逮捕、二十八名を家裁に書類送検
24 学テ闘争で北海道・山形・山口・福岡等の教組に弾圧
24~25 日共主要都道府県青対部長会議、民青同強化を決定
25 ソ連、アルバニアと国交断絶(12月10日アルバニア政府発表)
27~28 総評大会、炭労政策転換闘争支援を決定
9 全学連反戦統一行動デー、東京ではロシア革命四十四周年・ハンガリー革命十四周年反戦統一集会〔日比谷野音〕に二百五十名結集・デモ、五名逮捕、愛知県学連二百名、九州学連八百名等全国各地で二千名が集会・デモ
13 社学同都大会〔参院議員会館〕、社学同を学生運動の大衆的活動家組織とする(東大など)部分と、反帝反スタを明確にせよとする部分(早大一文など)が対立、全国事務局を設置(事務局長・古賀泉)
17~20 東北ブロック教育系学生、セミ〔東北大〕
18~19 マル学同第三回全国大会
23~25 社青同第二回全国大会〔全国町村会館〕、反独占・社会主義を基本路線に同盟の大衆化を図る方針等を決定
23~26 中国四国ブロック教育系学生ゼミ〔香川大〕
24~26 全日本理工系学生ゼミ結成大会[東京工大〕スロ-ガン 〝科学技術の人間的解放を″
24~26 京大経済ゼミナール協議会主催・日本経済ゼミ〔京大〕
29 都自連代表者会議〔教育大〕、ソ連核実験問題をめぐり東大・早大グループ(のちのフロント系)と教育大グループ(のちの共青系)の対立激化
8 昭和女子大当局、政暴法反対署名運動の責任者二名を登校停止・文学部中野講師を解雇
9 全学連統一行動、早大二文・静岡大・九大ストで参加
10一橋大平和委員会、大学院中心に発足
13 慶大日吉自治委総会、核実験停止声明採択
24 国学院大学生、若木祭シンポジウム禁止にハンストで抗議
26 国立高校、給食パン値上げに全クラス十八が反対決議、非買運動展開
29 京大同学会緊急抗議集会、一〇・一九闘争で浅田府学連委員長ら三名の市公安条例違反逮捕に五条署抗議デモ(30日府学連不当弾圧抗議集会)〔同志社大〕に三百名参加、市警本部までデモ
29 日共教育大細胞集団離党
—-立教大、クラス委員の就職部人物調査に〝政治的偏向あり″と明記、社研・文化サークル等反対声明発表、当局の責任を追及
1961年12月
1 炭労大手十四社スト
4 世界労連大会で中ソが論争
9 革共同全国委第一回全国委員総会、参院選に独自立候補を決定
12 国史会クーデター計画発覚(三無事件)
13 自民党治安対策特別委、三無事件で政暴法強行の態度示す
13 憲法調査会、基本的問題点の審議開始
15 学術会議学問・思想の自由委、〝学問・思想の自由について〟第一回シンポジウム
15 国連で日本・米国など五カ国共同提案の中国代表権問題の重要事項指定決議案可決
21 中央公論社「思想の科学」天皇制特集号を発売中止
1 全学連反戦統一行動、七十五名日比谷野音に結集、芝公園までデモ、東大中央委主催・全都学生統一行動、氷川公園に八十五名結集、新橋までデモ
5 社学同全国事務局機関誌「SECTno6」創刊
15 三多摩学生協議会(三多摩学協)再建準備会主催・三多摩地区学生集会〔東経大〕
15~16 社学同全国支部代表者会議〔杉並法人会館〕、七十名参加、社学同は意識的大衆の自立組織という意見(事務局派)と、前衛組織への過渡という意見(東大など)が対立・議案採択されず、関西系は不参加
15~17 全学連第十八回臨時全国大会(委員長・根本仁)、社学同・社青同・構改系不参加、核実験反対を軸とする反戦闘争を総括、一部極左的偏向確認・反戦インター提唱、社学同系中執四名罷免
17 社学同・社青同・構改派・革共同関西派で全国自治会代表者会議開催〔東大〕、二十五大学三十六自治会百七十名参加、全自代運営の三原則・当面の統一行動方針等を決定
18 関西三府県学連、関西学連再建準備関西自治会代表者会議開催〔大阪市大〕、十八大学四十三自治会百二十名参加、三月再建を申合わせ
18 日本ジャーナリスト会議第一回全国大会〔渋谷労政会館〕、全学新中央(再建協系)打倒を決議、中央事務局を早大新聞会に設置
19~22 第八回全国教育系学生ゼミ〔埼玉大〕、全学連中執派八百名参加
22~25 第八回全国教育系学生ゼミ〔神戸大〕、全学連反中執派千三百名参加
9 東大教養自治会選挙、正副委員長を社青同系が掌握(委員長・江田五月)
11 昭和女子大不当処分反対学生達絡会議結成
13 京大教養自治会選挙、正副委員長を社学同系が掌握(委員長・山下朋広)
14 東北大川内分校自治会代表、主事と学部配転問題で会見
19 教育大文・理・農自治会、お茶大自治会・ハトの会、文京地区青学共闘より除名さる
22 東京地裁、安保一一・二七国会突入闘争、一・一六羽田闘争、四・二六国会正門前闘争公判で三十三名全員有罪、唐牛元全学連委員長,篠原元社学同委員長に実刑判決

 

カテゴリー: 歴史, 運動史 パーマリンク