【投稿】情報発信について

【投稿】情報発信について・・・・今しかない・・・・

昨年12月で69歳になった・・・発信を始めてから、かなりが、経過する。

情報発信中ということで、友人知人に、多くを発信していますが、これは、第1の目的は、自身の勉強のためであり、第2には、共に学ぶための情報共有、意見交換などです。
僕らの時代には、得ることのできなかった情報が、今は、PCなどで簡単に得られるなんて、隔世の感があります。

人生のかなりの部分、反戦平和、人権・平等・・・などの大義の下、自分なりに「運動?」をしてきましたが、それらのすべてが、必ずしも、正解ばかりではなかったという苦い経験が、ベースにあります。

その原因の中の大きな部分・・・・それは、情報不足でした。
特に、社会主義体制内部の情報は、ソ連・東欧・中国・北朝鮮・・・など、想像するしかなかった。
運動の立場にあるものは、少しの矛盾を感じながらも、こうであってほしい・・・という「期待」と「願望」で、好意的に「解釈」してきたのです。
そのことによって、多くの誤った情報認識を、我々自身が、「共有」し、周囲に拡大再生産してしまいました。

組織的に行動して、周りの国民に対して、ビラを撒き、デモや集会を呼び掛けた者たちには、相応の責任がある・・・と言い続けてきました。
多くの誤った情報認識を、撒き散らした我々は、きちんとした「総括」をするべきです。(運動の後退と併せて、暴れまくった後、何の総括もせず、潮が引くように抜けていった無責任な全共闘の「偽闘士」たちには、今でも腹が立つ)

そうした反省の上にたって、僕は、自己批判とともに、今後、少しでも、各種の情報を、交流しながら、少しでも真実に迫りたい・・・そういう思いから、皆さんに、情報発信してきました。

多くの情報の中から、何が真実か?は、皆さんのほうで、取捨選択してもらいます。
・・・この種の情報が、40~50年前に、我々の前に示されていたなら、我々の運動も、もっと 違ったものに、なっていたと思えます。
こういう情報が、当時から、あれば、自分たちの人生も、もっと有意義に、運動に反映されていたと思えるからです。

社会主義が「崩壊」して、やっと、真実の一部が、解禁されました。(それもほんの一部ですが)まだまだ、隠された情報が、無数にあると思います。

ぼくは、多くの情報を選択して、発信しています。
朝日、毎日、サンケイは、全部目を通しますが、赤旗や公明新聞、その他のサイトも覗くし、ブログで紹介しているサイトも、外せません。

現在、15名近くの知人友人に発信しているほか、PCを使わない同世代10人近くに、情報を印刷して、まとめて郵便で発送しています・・・
意外と、同世代(運動歴のある)で、現代の利器であるPCを使わない人が、多いのです。

昔、のどから手が出るほど、飢えていた情報が目の前にあります。
しかい、「都合の悪い情報」は、見て見ぬふりをする「リベラル」の友人たちもいました。
(それは、自殺行為ですよ)と言い続けてきましたが、何の反省も無く、今日に至っています。嘆かわしいことです!

昔、ある新社会党大阪のリーダー(参院選にも立候補したことがある)から、「あなたの頭脳は1960年代のままですね。時代遅れで・・・」
というメールをもらったことがあります。「あなたはこのままでは生ける屍に近い年寄です」とも・・・・

その後の彼らの凋落ぶりを見ると・・・・結論は出たようです・・・
「社会主義」幻想を持ち続けた彼らこそ・・・「時代遅れ」だったのでした。
彼の発した言葉が、そのまま、 新社会党のことだったのです。
この党は、あれから3分裂(この時点で)したそうで、いつまでも党改革が出来ずに停滞と後退が続き、消え去ろうとしています。

それで・・・いつも僕が言う言葉ですが・・・
(あなたたちの50年、60年、70年は、一体何だったのか・・・)と。

皆さんは、どう思われますか?   (反省する勇気)

※ 「反省する勇気」さんから、投稿をいただきましたので、事務局の方でアップさせていただきます。(佐野)

カテゴリー: 政治, 社会主義, 社会運動 パーマリンク