【演劇評】 「その河を越えて5月」を観て

【演劇評】 「その河を越えて5月」を観て
                  —- 韓流ブームの向こう岸に見えるもの—-

 先日、「その河を越えて5月」という演劇を見た。3年ぶりの再演である。脚本は平田オリザと金明和、演出も平田オリザと金炳焄、そして日韓の俳優が同時に両国語で演じるという、まさに日韓の共同作品といえる演劇だ。
 
 韓国語学校の「日本人」生徒達と韓国人の先生の家族とのソウル漢江河畔での花見の場面でストーリーは展開する。会社や学校や家族をめぐる日常の日本人同士の日本語の会話と韓国人家族の韓国語の会話が同時に進行して、それがすれ違ったり、反発したり、重なったり、ひきつけあったりしながら日本人や日本社会、韓国人や韓国社会、二国間の関係や歴史を浮き上がらせる。言葉がうまく通じないまどろこしさ、とんちんかん、中途半端な理解、気まずい雰囲気などがユーモアを交えて伝わって来る。しかし、日本人も韓国人も日帝支配に由来する断絶を少しでも埋め、お互いを理解しようと努力しているのだ。そして、最後に少し溝が埋まって、離れていた2つのゴザがお互いに近づけられ(しかし、ぴったりひっつきはしない)、全員が日が暮れる漢江の向こう岸を眺める。
 
 この演劇が初演されたのは2002年。ワールドカップ共同開催で日韓両国が大いに盛り上がっている時だった。その後「冬ソナ」に象徴される韓流ブームが怒涛のように押し寄せ、ここ数年で韓国との文化交流や情報流通は驚くほどの様変わりを見せている。多くの人が韓国を訪れ、韓国ドラマや映画に接し、ハングルを学んだ結果、日本社会に沈潜している韓国に対するマイナスイメージがかなり払拭された。このブームを背景に在日の人たちも積極的に表に出て活躍できるようになってきた。

 しかし、政治の世界では全く反対である。北朝鮮との緊張と煽られる憎悪、靖国神社参拝をめぐる小泉首相のあまりに無責任な対応、竹島(独島)についての挑発的パーフォマンス。近づこうとする両国民をあえて引き剥がそうとするような動きが続く。そんな中で韓流ブームは一時のあだ花で終わってしまうのだろうか。

 私はこの演劇で、一筋の光明を見た。竹島(独島)問題や靖国問題の影響で多くの民間交流が中止されているいる中で、あえて提携を結んだ大学や実のある交流を進めた団体もあった。脚本を書いた金明和はパンフレットの中でこう書いている。「初演の柔らかな雰囲気とは違って、再演を目の前にしている今は硬くなっています。…その硬くて荒い現実の論理を目の前にし、演劇は何ができるのでしょうか。柔らかく、かよわい演劇が、さらに現実の論理からすれば役立たずにさえ見える剰余のものが…。…剰余の声が現実の論理を看過する機会を提示できる、という奇跡を望みます。…そして、私たちの心の奥深くに潜んでいる共存の夢を少しでも喚起してくれることを…。」
ブームは確かに去っていくだろう。しかし、ブームの波が引いた後には、この演劇のような輝く小石が必ず砂浜に残っている。演劇のラストシーンで出演者が眺めていたのは、その小石を伝って渡る向こう岸。桜散った(ブーム去った)あとの未来、新緑萌える5月だったのではないだろうか。
(若松一郎) 

 【出典】 アサート No.331 2005年6月18日

カテゴリー: 雑感 パーマリンク