【要請】原爆の図丸木美術館の緊急募金にご協力を

原爆の図丸木美術館の緊急募金にご協力を
                            東京 和田三郎

 「原爆の図丸木美術館」が運営資金難に陥り、緊急募金を求めています
5月5日、開館記念53周年を、丸木美術館は困難の中で迎えました。閉館と巡回など館外活動の中断で、無収入になっています。丸木位里・俊夫妻が苦難を乗り越えながら始めて半世紀の歴史を途絶えさせないために、緊急募金にご協力ください。
この状態は、創世期に苦難を共にした私たちにとっても、見過ごせないことです。愛読者や知り合いの方々のご協力を、心からお願いいたす次第です。急ぎで200万円、年間2500万円があれば乗り越えられるでしょうか。
 美術館のこと、現況のこと、目指すことなどは、HPに詳しく載っています。
HP検索エンジンで『原爆の図丸木美術館』を開き⇒『臨時休館・緊急支援ページ』⇒『寄付をする』で、クレジットカードで支払いができます。
 ゆうちょ振替口座なら、記号番号「00150-3-84303」、加入者名「公益財団法人原爆の図丸木美術館」です。

以下に、HPから抜粋しました。


https://congrant.com/project/marukigallery/1587

原爆の図丸木美術館」という場を残すために

……「原爆の図」をはじめとする丸木位里、丸木俊の絵や、位里の母である丸木スマの絵には、命への深いまなざしがあります。感染の収束後にも、こうした絵を、誰でもいつでも見て、ものを思うことのできる場所は、必要とされ続けるでしょう。芸術や文化における大切な役割のひとつが、この丸木美術館にあると考えます。
……丸木美術館は、行政主導ではなく、「原爆の図」を中心に、市民の力によって50年以上の歳月をかけて築き上げられてきた大切な「場」です。…この小さな灯火を消さないよう、ご協力いただけると幸いです。
……今回のことは、丸木美術館にとってとても大きな「危機」ですが、この緊急募金を通して、丸木美術館についてもっと多くの人に知っていただける「機会」だとも考えています。……

カテゴリー: 人権, 平和, 歴史, 芸術・文学・映画 パーマリンク