【追悼】吉村 励先生とアサート

2020年1月3日 吉村励先生がご逝去されました。

私は、ゼミ生ではなかったが、卒業後は「労働講座」などで、先生の講演を拝聴して、自らの労働運動の指針としてきました。

「青年の旗」そして「アサート」の編集にあたっては、奈良市西大寺のお宅にも伺い、社会経済情勢、労働運動の課題など多岐にわたるお話を伺うことができました。

 以下に、「青年の旗」「アサート」にいただいた投稿等をご紹介して、先生とのお付き合いについて、思い出してみたいと思います。

 なお、生駒さんから拝借した「学生評論」誌(反戦学生同盟? 1950年10月 第7号)に、「大阪商大事件—昭和18-19年における反戦反ファシズムレジスタンス闘争の記録」という論稿がありました。もちろん、吉村先生の名前も出てきます。 次の機会に、ご紹介したいと考えております。(佐野秀夫)

追記:右上の写真は、2008年4月に訪問させていただいた時の写真ですが、
映像もありました。ご参考まで(MVI_0175

<吉村先生の投稿等リスト>

【新春訪問】吉村励先生と金融恐慌を語る  アサート 374号 2009年1月24日

【報告】旧交を温めて–恩師訪問      アサート 366号 2008年5月24日

【投稿】フセイン元大統領の死刑についての断想 (その2)
                     アサート 352号 2008年3月17日

【投稿】フセイン元大統領の死刑についての断想 (その1)
                     アサート 351号 2007年2月24日

【新春対談】「廃仏毀釈と天皇教」–吉村先生を訪ねて–
                     アサート 338号 2006年1月21日

【投稿】空襲の総括のために        アサート 329号 2005年4月23日

【投稿】東京大空襲            アサート 328号 2005年3月19日

【投稿】一人が二人の仲間を        アサート 327号 2005年2月19日

【投稿】憲法九条はわたし達のほこり    アサート 326号 2005年1月22日

【新春対談】吉村先生を訪ねて       アサート 366号 2004年1月24日

【投稿】社会主義をめぐって(前編)    青年の旗 161号 1991年3月15日

【投稿】社会主義をめぐって(後編)    青年の旗 162号 1991年4月15日

【講演録】「84春闘の課題について」    青年の旗 86号 1984年4月1日

カテゴリー: 追悼 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です